グリーンツーリズムによる地域活性化 ―兵庫県八千代町を事例に―」

永井 加奈子
   卒業研究指導教官:澤 宗則教官


<章構成>

はじめに

第沛ヘ グリーンツーリズムの意義と課題
1. 都市・農村交流とは
2. 「交流」の背景  (1)都市住民にとっての「交流」(2)農村住民にとっての「交流」
3. 「交流」の意義


第章 八千代町のグリーンツーリズム
1. 地域の概観   (1)地理的概観 (2)人口 (3)交通 (4)産業 
2.グリーンツーリズム導入の経緯


第。章 フロイデン八千代と「交流」
1. 市民農園について
(1) クラインガルテンの定義と意義(2)日本の市民農園の展開と現状
2. フロイデン八千代について


第「章 グリーンツーリズムによる「交流」の効果と問題点
1. グリーンツーリズムによる「交流」の効果   (1)経済的効果(2)社会的効果


おわりに


<論文要旨>
 
「グリーンツーリズム」とは、都市住民が豊かな自然や美しい景観を求めて農山村を訪れ、交流や体験を通じて楽しむ余暇活動であり、都市・農村交流の一つの形態である。グリーンツーリズムは、過疎化や高齢化が進行し、活力が弱まっている農山村を活性化させる方策として近年注目されており、グリーンツーリズムに取り組んでいる農山村も多い。


 本論文では、農山村の活性化につながるグリーンツーリズムのあり方を考察することを目的としている。そのために、実際にグリーンツーリズムに取り組んでいる兵庫県八千代町の事例をもとに、グリーンツーリズムへの取り組みが八千代町にもたらす効果や問題点を明らかにしていった。


 第沛ヘでは、従来の研究から、日本においてグリーンツーリズムが活発化している背景やその意義を述べた。さらに、グリーンツーリズムが農村地域に与えるとされる効果や問題点を列挙した。
 第章からは、八千代町のグリーンツーリズムへの取り組みについて述べていく。第章では、地域の概観を述べた後、グリーンツーリズムの活動内容や特徴について説明した。
 第。章では、八千代町のグリーンツーリズム施設の1つである、滞在型市民農園「フロイデン八千代」について、利用者である都市住民へのアンケートをもとに、農村住民との交流に対する都市住民の意識を明らかにした。
 第「章では、第、。章をもとに、八千代町のグリーンツーリズムへの取り組みによって生じた効果や問題点を述べ、それをうけて2つの提言をした。
 おわりにでは、八千代町の事例を受けて、農山村の活性化につながるグリーンツーリズムのあり方として、@不特定多数の観光客よりも、その地域の固定ファンを増やすことを重視して取り組むこと、A地元住民の同意、協力がなければならないこと、の2つのポイントを押さえる事が重要であると説いた。


<主要参考文献>
榎彰徳(1991):都市・農村交流の新段階.高山敏弘編:『都市と農村を結ぶ』, 富民協会,183-193
中村聰七郎(1997):『農政改革の課題―農業、農村活性化への道―』,農林統計協会,292p
長谷政弘編(1998):『観光振興論』,税務経理協会,228p
宮崎猛編(1997):『グリーンツーリズムと日本の農山村―環境保全による村づくり―』,農林統計協会,239p
持田紀治編(1995):『むらまち交流と地域活性化』,家の光協会,287p



神戸大学・発達科学部・澤ゼミの内容

発達科学部・社会環境論・卒業論文題目