地方都市圏における公共交通政策とその有効性

ー浜松市の交通需要マネジメントを事例としてー

小川 健三

指導教官 澤 宗則教官

〈キーワード〉

浜松・交通施策・交通需要マネジメント・個人交通需要・公共交通

〈章構成〉

1  はじめに

1−1.地方中核都市の現状・問題点

1−2.本研究の目的

1−3.従来の研究

1−4.研究方法

2  地域概観

2−1.浜松都市圏の概観

2−2.浜松都市圏の交通とその問題点

3  浜松都市圏における公共交通政策

3−1.浜松市の交通需要マネジメントの有効性の検討

3−2.交通需要マネジメントによる交通需要の変化

3−3.交通需要の変化と属性

3−4.今後の展望

4  おわりに

〈論旨〉

自動車交通が浸透し、自動車依存型の社会構造になるにつれ、様々な社会問題が発生してきた。これら自動車社会の生み出す社会問題の解決のための方策として、三つの手段が考えられる。それらは供給サイドのアプローチ、需要サイドのアプローチ、新技術の開発である。供給サイドのアプローチは道路建設、橋梁建設のように従来取られてきた施策であるが、これが現在様々な理由で限界に近づきつつあり、そのため需要サイドのアプローチ「交通需要マネジメント」が注目されている。

 本研究においては、静岡県浜松市を中心とする浜松都市圏を事例として取り上げた。浜松市においては自動車交通問題の解決のための施策として、積極的に様々なことに取り組み、その中に交通需要マネジメント施策も含まれている。その中でも、最も力を入れている公共交通利用促進策を中心に考察を進めていった。

 まず、「浜松市の個人の交通需要の決定は交通需要マネジメントによる影響を受けている」との仮説を設定し、アンケート調査、数値的データを利用し、近年の個人の交通需要の変化との関連で検証した。その結果、交通需要の変化はあっても、その理由が交通需要マネジメントにあたるものの影響ではないこと、数値的に公共交通利用者の数が増加していないことがわかり、また、自動車交通から公共交通へのシフトの数も、非常に少なかった。これにより、上記の仮説は棄却され個人の交通需要の変化は交通需要マネジメントによる影響はほとんどないことが実証された。

次に「個人の交通需要の決定は、その個人の属性、特に居住地と移動の理由に左右される」の仮説を設定した。そして、アンケート調査をもとに各交通手段使用者の特性と交通手段の変化のパターン別の特性を分析した結果、人が交通手段の選択をする時、重要視する要素は時間的要素と、目的地まで直接いけるか否かであることが判明した。これら二つの条件は共に大きく居住地に関係する。居住地によって、公共交通の特徴が異なるからである。

今回の調査によってバス交通を中心とした交通体系の構築がいかに困難なことであるか、ということがわかった。現在、様々な総合的な交通施策が浜松では行われている。この総合的な施策は必要ではあるが、それと同時に対象地域や対象者を絞った個別的な施策も必要である。つまり、交通需要は個人の居住地によって、左右され、その居住地によって住民の属性に特徴があったり、交通条件に違いがあるからである。

 交通需要マネジメント施策は、ある一定範囲の地域に均一に同じ内容の施策をしても効果は薄い。それより狭い範囲での地区において、その地区の特性を読み取り、その上で交通需要に変化をもたらすような施策が必要である。また、様々な選択肢を増やして、交通需要のシフトを促す状況と、市街地への自動車乗り入れ禁止や、ロードプライシング、駐車場を不便にするなどの、選択肢を少なくして、交通需要のシフトをさせるという、両側面からのアプローチも必要である。

 地方都市においては移動パターンが多岐に渡り、広範の地域への均一の交通施策では、個人個人の交通需要の一部しかカバーすることができない。そのため、地区による特性を考慮した地区別交通需要マネジメント施策の実施によって、全体として、個人個人の交通需要に対する交通施策のカバー率をあげていくことが必要である。

〈参考文献〉

 

              目的

交通問題の解決に交通需要マネジメントがどれだけ機能するのか、どのくらいの可能性があるのか。

仮説1「浜松市において、個人の交通需要の決定、変化は近年の交通需要マネジメント施策(公共交通利用促進策)による影響を受けている。」

データ分析:統計・アンケート調査

  仮説の検証

NO

仮説2「浜松市において、個人の交通需要の決定、変化は、その個人の属性、特に居住地と移動の理由に左右される。」

データ分析:アンケート調査

 仮説の検証

YES

  結論      

個人交通手段決定時の重要要素
  • 時間的要素 ・目的地まで直接行けるか否か

→居住地に大きく影響される
  • 地区の特性を考慮した地区別交通需要マネジメントの必要性
  • 交通手段選択肢の増減による交通需要のコントロール

発達科学部・社会環境論・卒業論文題目

神戸大学・発達科学部・澤ゼミの内容