『電話帳広告の地図を用いた神戸市の都市の空間的イメージ分析』

           澤 宗則ゼミ、 9430738D 小谷 恵介

◎章構成

第1章 はじめに

 1.都市イメージとメンタルマップ

 2.メンタルマップ研究の歴史的展開

 3.リンチの都市イメージ概念

第2章 対象地域の概観

第3章 分析方法

第4章 電話帳広告の地図と広告主

  1.地図を掲載した電話帳広告の業種構成

  2.広告主の事業所の分布

第5章 広告の地図に表れた都市の空間的イメージ

  1.広告の地図の構成要素

  2.神戸市全体の都市の空間的イメージ

  3.都心部における都市の空間的イメージ

  4.業種による地図上の構成要素の違いと都市の空間的イメージ

第6章 まとめ


◎内容紹介

 我々は、個々の地域において、地域要素のすべてを正確に把握し、これに基づいて地域をとらえているわけではない。特に居住地域の認知においては、年齢や居住形態、個人の経験、考え方など様々な要因によって、個々人が持つ内容は異なっており、個人差が大きい。一方で、我々が知らない地域においても、その場所に関する情報を意識的に、また知らず知らずの内に得ることによって、その性格をぼんやりと理解している場合がある。

 個人が持つ場所のイメージは、様々な伝達手段によって広範囲の人に知られ、確認されるにつれて、個人差を越えた共通性を持つものとなる。リンチ(1968)は、このように都市の住民の大多数が共通に抱いている心象をパブリックイメージと名づけた。そのなかで誰もがメンタルマップ(認知地図)という形で空間的イメージを持っており、人間の空間行動を規定している。

 リンチは『都市のイメージ』(1968)で、都市の5つの構成要素(ノード、ランドマーク、パス、エッジ、ディストリクト)を用いることにより、パブリックイメージとしての都市の空間的イメージを表した。本論文では、リンチの方法に倣い、神戸市における都市の空間的イメージを分析した。また、その際の都市イメージの構成要素を抽出する手段として、電話帳広告(タウンページ)における地図に出現した構成要素を抽出するという方法を用いた。

 神戸市全体において、電話帳広告で地図を掲載している事業所の業種は、サービス業、卸売・小売業、飲食業で全体の9割以上を占めている。これらの業種では、顧客が直接事業所に出向くという性質を持っており、出向いてもらう顧客に対して地図を示しておく必要性があるからである。

 これらから抽出されたデータより、神戸市全体における地図上の都市の主な構成要素として、中央区・兵庫区といった都心部区域の駅、国道2号線・山手幹線・第2神明道路・旧神明道路といった幹線道路、事業所の多く集まる中央区繁華街近くの通り、商店街、主要店舗といったものが明らかになった。全般的に都心部において、駅や主要店舗などの出現率が高く、郊外部に行くにつれて、幹線道路などのパスの出現率が高くなる傾向にある。それらより、神戸市の都市の空間的イメージ形成において、その建物が主要な交差点付近など分岐路における判断の材料になる場にあるかどうか、その建物の目に付きやすさ、といった物理的・視覚的側面が強く影響していることが明らかになった。

 また、広告の地図上に多く現れる構成要素の傾向は業種により異なり、業種により構成要素の内容に違いが見られる。たとえばオートバイ販売・修理の業種においては、他の業種に比べて駅や駅周辺の構成要素は少なく、幹線道路やトンネル、I.Cなどの構成要素が多くみられる。また、金融業や質屋といった金融関連の業種においては、銀行の構成要素が多くみられる。これらのことは業種の違いにより、顧客層の違いがあり、その中で共通の社会的立場、経験、知識などに基づいて、広告の地図上の構成要素は変化しうるということを表している。それは、個人による都市の空間的イメージの差異を如実に表している。このことより、個人が都市の空間的イメージを形成する際にはそれぞれの社会的立場、経験、知識などといった個人がその建物に対して持つ意味的側面も少なからず影響しており、それを同じくする一定のグループ内では一定の同様の空間的都市イメージが形成されていると考えられる。


◎参考文献

神戸市企画調整局企画部総合計画課編(1993):『神戸の事業所―平成3年事業所統計調査結果―』、神戸市、21p

神戸市産業振興局経済政策課編(1996):『神戸の経済』、神戸市、72p

杉浦芳夫(1989):『地理学講座 第5巻 立地と空間的行動』、古今書院、207p

尾藤章雄(1996):『都市の地域イメージ』、大明堂、154p

若林芳樹(1997):「電話帳広告の地図を用いた都市のイメージ分析―金沢市を事例として―」、金沢大学文学部地理学報告、No.8、1997、153-165

中村豊・岡本耕平(1993):『メンタルマップ入門』、古今書院、146p

坂本英夫・高橋正・木村辰男編著(1994)『基礎地理学』、大明堂、205p

菊池俊夫・若林芳樹・山根拓・島津俊之(1995):『人間環境の地理学』、開成出版、224p  


神戸大学・発達科学部・澤ゼミの内容